« 昇段報告と書道の稽古 | トップページ | とうとう光回線に! »

2021年5月30日 (日)

【誤解注意】固定電話とADSL・ISDN

当所においても、ADSL・ISDNを使用しているため、2023年1月にサービス終了の通知がNTTから届きます。

一瞬、電話やFAXが使えなくなるのかと、びっくりする人もおられると思いますが、

固定電話やそのサービスが無くなるわけではありません。

固定電話で利用しているADSLやISDNは、その後も、そのまま使い続けることができます。


区別しないといけないのは、インターネットの部分。

インターネットの部分にADSLを利用している場合、地域によってネットが利用できなくなるおそれはあります。

これに対応するために、インターネットの部分について新たに光回線を導入しようとする人もいるかと思います。

それなら、電話やFAXも光回線に一本化することで経費が削減できるかを検討するすべきです。


この検討やヒアリングは、116で行います。

電話業者に相談すると、高いサービスや不要なサービスを提案される可能性があるので注意。


実は、弊所もこれを機に、光に替えようと検討していて、疑問点があれば何度も116に電話して聞きまくっています。

光工事費用が無料になる乗り換えキャンペーンがあり、これを利用できればと思います。


ビジネスホンですが、弊所は私一人しかいないので不要です。

ビジネスホンのメリットは、複数人で一回線(電話番号)を共有できること、内線ができること。

独立当初は、大きくしようと思っていてビジネスホンを導入したのだけれど、今の私にとっては無用です。

今後、社労士の業務等も行い、人が増えることはあっても、各自、ビジネス携帯電話で事足りると思います。

現在も、仕事関係は、私の携帯電話にダイレクトにご連絡を頂いています。

事務所にかかってくるのは、新規客、営業、特許庁・裁判所、クライアント様の一部。

このため、事務所の固定電話を無くすことはありませんが、複数人が事務所に居ても、ビジネスホンで分岐することはありません。

独立して20年近くが経過して、時代の流れを感じています。

時代の先読みをすれば、固定電話すらも事務所から無くなる日も来そうです。

自宅の固定電話については若い世代で所有率が大幅に減少しています。

電話加入権を購入するという発想は、昭和の産物、令和で消えていくのでしょう。

« 昇段報告と書道の稽古 | トップページ | とうとう光回線に! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昇段報告と書道の稽古 | トップページ | とうとう光回線に! »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook