« 新しい歯医者からの教訓 | トップページ | 『ゼロ円で契約を結ぶ』『相手弁理士は大したことない』に過剰反応し過ぎ! »

2021年7月 5日 (月)

資格をとるなら志願者数が減っているものを選択!


今から資格を取得するなら、一般に流行っている資格の方に人が流れますよね。

ニーズがあり、上昇気流に乗っていることなので、正しい選択だと思います。


一方、志願者数が激減している資格もあります。

1.司法試験
2.司法書士試験
3.弁理士試験


これらは、ピーク時と比較して志願者数が半分以下になっている資格。

もし私が受験生なら、この3つの資格の中から選択します。

なかでも、司法書士あたりは現役の平均年齢が高く、若手やミドルは食い込みやすいと思います。

資格受験者数の増減傾向をみてから、挑戦する資格を決定する。

先ずは業界の構造上、競争相手の少ない分野への参入は、ポーターの5フォースの戦略を見ても一案です。

※私事ですが、現在、社労士試験にチャレンジ中。
こちらもなかなか骨のある試験です。とうとう来月が本試験。今は追い込み中です。
暗記しては忘れの繰り返しで大変ですが、上昇機運で本試験を迎えたい。
不幸なことに7月は仕事が空いているので、せめて空き時間を有効利用します。


« 新しい歯医者からの教訓 | トップページ | 『ゼロ円で契約を結ぶ』『相手弁理士は大したことない』に過剰反応し過ぎ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい歯医者からの教訓 | トップページ | 『ゼロ円で契約を結ぶ』『相手弁理士は大したことない』に過剰反応し過ぎ! »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ