2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 令和3年社会保険労務士試験を受験した感想 | トップページ | ダブル・トリプルライセンスの時代 »

2021年8月24日 (火)

【滋賀県人の底力】近江高校、大阪桐蔭を破る!

昨日、私の故郷・滋賀代表である近江高校の試合を観戦。

相手は、チャンピオン・大阪桐蔭高校。

ひょっとしたらと思っていたが、最初から4点とられて大敗かと思いました。

午前中、リフレッシュ休暇をとり、そのままテレビで観戦していたのですが、

なんと毎回、近江は1点ずつ返上し、最後にタイムリーで逆転していきます。

近江の監督の采配は、まさに近江商人のやり方なのです。

1つ1つ、堅実に確実に返す方法を選択そのものが近江商人の思想かなぁと。

2020東京オリンピックでも、滋賀県人が大活躍。

水泳の金メダリスト・大橋選手、陸上の桐生選手、シンクロの乾選手。

乾選手は近江八幡出身ということで、なんと中学校の恩師の娘さん・・。

大橋選手は、妹の高校の後輩です。

こういうニュースを頂くと、自分もDNAが騒ぎます。

私の業界では、滋賀県の弁理士が巨大なユニクロ相手に訴訟している最中。

滋賀県人の潜在力はスゴイなんよ。

話を戻して高校野球。

昔は、近畿、最弱県である滋賀の代表にあたると、ラッキーと言われていた。

今もし甲子園の1回戦で、あなたの県代表の高校が滋賀代表と当たると嬉しいですか?

滋賀代表でいえば、林投手がいる近江高校は、準決勝で金足農業に逆転負け、八幡商業が帝京に逆転勝ちの記憶がある。

私も努力に努力を重ね、滋賀県人の底力を発揮し、世間から尊敬される名を残したいと願う。

« 令和3年社会保険労務士試験を受験した感想 | トップページ | ダブル・トリプルライセンスの時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和3年社会保険労務士試験を受験した感想 | トップページ | ダブル・トリプルライセンスの時代 »

フォト

西村知浩の特許事務所

西村知浩のInstagram