« 【資格の序列】企業経営と資格の相関 | トップページ | 【2022年社労士試験】資格の大原で社労士経験者コースを申し込む! »

2021年9月 5日 (日)

弁政連は機能しているのか?

弁政連から年に数回、会員宛てに請求書が送られてくるんだけど、

この集まりの活動の成果は何でしょうか?

弁理士に付記弁理士制度が導入されて以来、会員にとって目に見える形で成果が出てないようです。

弁理士の独占業務を拡大するべく、もっと業務拡大に向けて活動するべきである。

場合によっては、弁護士や司法書士、その他の士業と争い、青い果実を奪ってくる働きも必要だ。

ロシア人は、戦いによつて、自国民の権利をもつというのが常識。

これはロシア人の常識だけでなく、グローバルスタンダードそのものです。

弁護士会と喧嘩し、司法書士会と喧嘩し、行政書士会と喧嘩しながら、彼らの業務を奪ってこないと弁理士の将来はない。

返り討ちにあったら、所詮はその程度のもの。

もっと弁理士会員の利得になるような弁理士制度を目指すべきである。

弁理士になって一発逆転できる資格だ。

そうでなければ、弁理士業界に優秀な人が参入せず、業界はあっという間に衰退し、やがて消滅します。

« 【資格の序列】企業経営と資格の相関 | トップページ | 【2022年社労士試験】資格の大原で社労士経験者コースを申し込む! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【資格の序列】企業経営と資格の相関 | トップページ | 【2022年社労士試験】資格の大原で社労士経験者コースを申し込む! »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ