« 総裁選~クシャおじさん惨敗 | トップページ | 社労士のサービスは今から練ります »

2021年10月 1日 (金)

ランチェスター経営とダブルライセンス

弱小の経営戦略では、ランチェスター経営がとても重要です。

ランチェスター経営で重要な3つの要素は、

・商品やサービスを絞る
・客層を絞る
・営業エリアを絞る


当事務所は、弱小事務所の機械系弁理士による知財サービスで、今後は社労士の労務支援サービスも行います。

そこで、ダブルライセンスとなったときに、ランチェスター経営の3つの要素に反するのか否かを簡単に検討してみます。

客層は、生産技術に強みがある中小製造業と町工場。

エリアは、縁のある地方都市(東京は同業が多くて強いため、敢えて地方を狙います)。

社労士になって労務支援サービスを行っても、これらは変わりません。

知財サービスと同じエリアの同じクライアントに、労務支援サービスを”ポテトは如何ですか”のように提案します。

一方、商品やサービスが増加したのは、ランチェスター経営の鉄則にやや反します。

しかし、知財サービスで信頼関係が出来上がっているクライアントに、ポテトをオプションで提案することは合理的だと思います。

労務支援サービスによる固定費の増加はほとんどありません。

社労士連合会の登録費用と会費だけ。

事務所は共通、事務インフラも共通。

社労士の事務用ソフト(ウェブサイト含む)は別に導入する必要があるかもしれませんが。

このように考えると、ランチェスター経営にも大きくは反しない。

ただ、ひとつ言えることは、

マーケティングと営業の研究と実践の繰り返しが必要なこと。


ダブルライセンスの看板だけで集客できるとは思っていない。

マーケティングは避けては通れないので、ダブル・トリプルのライセンスを得ても、マーケティングの必要性はどこまでも追いかけてきます。


そうであれば、こちらからマーケティングを迎えに行き、徹底的に研究して、事業経営に活かしたいと思います。


弱小企業のマーケティング@弁理士・社労士などで、ブランディングしてもいいね。

« 総裁選~クシャおじさん惨敗 | トップページ | 社労士のサービスは今から練ります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 総裁選~クシャおじさん惨敗 | トップページ | 社労士のサービスは今から練ります »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ