« 知財法務の総合事務所への転換 | トップページ | 工場で発明の発掘活動しています »

2021年10月25日 (月)

包括委任状の代表者印なしで包括委任状番号をゲット


時代が変わりました。

あるクライアントさんの包括委任状を提出しました。

委任状の代表者印が廃止されてはじめての体験。

出願人として登録されている住所に注意しながら、印鑑なしで特許庁に提出しました。

なんか変な感じがしなくもないですが。

少し時間がかかりましたけれど、無事、特許庁の包括委任状番号が認定されました。

これじゃ悪い事する弁理士が出てくると思ったけど、赤の他人に対する包括委任状番号をもらう動機が想定できないため、大丈夫です。

外国、特に欧州特許庁への出願でも委任状は省略できるので、日本もようやくという感じでした。

« 知財法務の総合事務所への転換 | トップページ | 工場で発明の発掘活動しています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 知財法務の総合事務所への転換 | トップページ | 工場で発明の発掘活動しています »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ