« ランチェスター経営とダブルライセンス | トップページ | 日本弁理士会の副会長は公約を見て決める »

2021年10月 2日 (土)

社労士のサービスは今から練ります

弁理士業でお世話になっているクライアントに、労務関係の業務も行っていきます。

社労士は1号、2号の仕事に限られず、3号の他、年金・助成金申請がとても強い。

生産工場であれば、過酷ゆえに怪我や病気等の業務災害が発生している確率も高くなります。

そういうときは、障害年金サービスを柱のひとつにおくのも手かな。

外国人技能実習生や外国人社員が今後増加していく可能性があります。

雇用調整助成金申請も代理します。

そういうときは、外国人実習生が働きやすい労務環境の構築と、行政書士の登録して就労ビザや帰化申請もできればよい。

知財だけではなく、労務やビザ・帰化申請もやります。

日本の中小企業が海外へ事業進出する場合の英語通訳も担当し、英語で契約書も作成します。

これらがマルチに1人で完結できるのは、私のみ。

そういう強みをどんどん作っていきます。

« ランチェスター経営とダブルライセンス | トップページ | 日本弁理士会の副会長は公約を見て決める »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ランチェスター経営とダブルライセンス | トップページ | 日本弁理士会の副会長は公約を見て決める »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ