« 弁政連の存在意義を確認する時期にきている | トップページ | 3.11震災から11年 »

2022年3月 9日 (水)

弁理士に話を聞く場合、肯定的と否定的の両方を聞くこと

 

素人が弁理士の話を簡単に信用してはいけません。

 

ポジティヴ思考の弁理士に話を聞けば、良いことばかり言うし、ネガティヴ思考なら、悪いことしか言いません。

 

 

複数の弁理士に対してヒアリングを行い、良い点と悪い点を必ず対で聞くようにしましょう。

 

ネットやSNSでの発言なんて、その人のフィルターを介してのものだから、その尺度や根性が曲がっていたら、真実になりません。

 

 

需要と供給の関係からいえば、今後増加していく弁理士を考慮すると、斜陽衰退産業なのは間違いありません。

 

他の士業を比較すると、弁護士、司法書士も衰退産業です。

 

弁護士業と類似する司法書士なんて悲惨なものですよ。

 

 

 

あとツィッターの情報は、発信者の尺度が厚すぎて、他人には参考になりません。

 

業界の内情を知る必要があるので、特に経歴の長めな弁理士と会って、赤裸々な話を聞く必要があります。

 

 

 

現在の10代、20代の人にとって、弁理士はどう映りますか?

 

ドラマではないので、甘い期待は捨てて、他の業種も広く考えることを提案します。

 

 

 

« 弁政連の存在意義を確認する時期にきている | トップページ | 3.11震災から11年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 弁政連の存在意義を確認する時期にきている | トップページ | 3.11震災から11年 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook