« 今の時代はオープン戦略なのか?どうなる日本の知財! | トップページ | 弁理士として生き残るためには »

2022年8月29日 (月)

2022年【第54回】社労士試験を受けて

 

8月28日(日)は、社労士試験のため、東京ビッグサイトに行きました。

 

朝から大雨で、試験会場まで受験生の列になっています。

 

試験日に決めていることがあります。

 

それは試験日は勉強しないこと。

 

理由は、脳みそを省エネモードにして本番にフルブーストをきかせるためです。

 

昨年の社労士試験を受けて、午後の択一試験で脳みその耐久力の限界を覚えました。

 

前の日はほとんど眠れず、試験当日も生活のバイオリズムが崩れているなか、私の年齢を考慮すれば当然です。

 

その教訓を活かして、今年は当日は脳みそをできるだけ働かせない作戦。

 

結果をいえば、10時30分から16時50分まで、脳みそ耐久力は持ちこたえました。

 

試験の内容ですが、

 

午前の選択式は、空欄に入る言葉が頭に瞬時に浮かび、選択肢から確信をもって解答できた。

 

選択式は昨年よりは易化したのかなと思いながら、無事、午前の試験は終了。

 

ランチをその席でとりながら、午後に備えます。

 

ランチのときもテキストを開けていません。

 

午後の択一式を迎え、難易度にびっくりしました。

 

論点がマイナー過ぎて触れていないポイントで見切る問題が多く、5肢のなかから3つくらいまでしか絞れない問題が続出。

 

どうみても正解が2つある問題もありました。

 

昨年は4肢が判断できなくても、残りの1肢で正答できる問題がありましたが、今年はその傾向を変えられた気がします。

 

深追いせずに放置していた論点の肢が複数あり、どれが正解かを選ぶ。

 

泣けてきますよ。

 

まして解答として選んだ肢が前後で同じアルファベットも多く、絶望的でした。

 

今年は10月初めに公式合格発表があるので自己採点はしません。

 

まぁ、間違いなく、弁理士試験の択一試験よりも難易度が遥かに高いです。

 

問題の難易度は、司法書士試験のレベルと同じくらいな気がします。

 

実力を出し切れた試験でしたが、少しの期待をもちながら、試験結果の公式発表を待ちたいと思います。

 

それまでは勉強は夏休み。

 

Dsc_1050

« 今の時代はオープン戦略なのか?どうなる日本の知財! | トップページ | 弁理士として生き残るためには »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今の時代はオープン戦略なのか?どうなる日本の知財! | トップページ | 弁理士として生き残るためには »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook