2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 弁理士の実務力の劇的に上げる方法 | トップページ | 今日から10月で身体と気分を一新! »

2022年9月30日 (金)

SECIモデルを用いた発明発掘手法

 

弊所サービスの売りは、発明の発掘支援。

 

それも技術者が弁理士に伝えた内容だけでなく、技術者が職務暗黙知として持っているものを引き出すことが得意です。

 

その手法は、SECIモデルにより実現されます。

 

SECIモデルでは、暗黙知と形式知の相互変換を繰り返しながら、最終的には弁理士と技術者との間で暗黙知レベルでの意思疎通を目指す手法。

 

弁理士が技術者レベルで技術を知り、技術者が弁理士レベルで特許を知るためのフレームワークです。

 

社外の弁理士がクライアントの工場に来て、いきなり発明者の言わんとすることを悟ることができれば便利ですよね。

 

技術者も楽だし、時間の節約にもなるし、それでいて的確かつ正確に弁理士が捉えてしまう。

 

そのためには、長期間にわたり、発明者と対話や議論を通じて交流していく必要があります。

 

ちょうど、運動部員が合宿を通して一枚岩になるのと似ています。

 

 

 

中小製造業には、未だに、多くの発明が眠っています。

 

その発明を見える化し、経営戦略に則り、適宜、特許出願して有効な権利にすることが弁理士の責務です。

 

 

 

SECIモデルを特許事務所のサービスに応用したモデル図を下記に示します。

 

共同化といわれるセクションが発明発掘のポイントです。

 

1_20220930111901

 

 

« 弁理士の実務力の劇的に上げる方法 | トップページ | 今日から10月で身体と気分を一新! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 弁理士の実務力の劇的に上げる方法 | トップページ | 今日から10月で身体と気分を一新! »

フォト

西村知浩の特許事務所

西村知浩のInstagram