無料ブログはココログ

« 日の丸半導体メーカー・ラピダス | トップページ | 中国に支店を作りたい »

2022年12月15日 (木)

年内最後?商標侵害警告対応の受任

年内最後にしてくれ。

商標侵害の鑑定依頼が入った。

このような事案は、依頼人から弊所に直接連絡が入るか、提携の弁護士事務所経由で入る。

侵害警告書を読めば、勝てる・勝てないの判断は見当がつく。

それなのに鑑定書に落とす理由は、こちらで調査を行い、しっかりした理論的根拠を書面に残すため。

もちろん弁理士報酬を頂くという理由もある。

 

ところで、知財侵害の世界で名が売れてくると、依頼人同士のつながりで案件依頼が数珠繋ぎのように入ってくる。

こちらが営業をかけなくても。

マーケティングなんか要らない事象。

侵害警告と訴訟は数多くこなしたが、それなりに修羅場も潜ってきている。

大手芸能事務所に謝罪に伺った苦い思い出もある。

あれは事務所幹部が横一列に鎮座していて場の空気が重すぎたな。

それでもめげずに使って貰えるのは嬉しい限り。

 

いろんなタイプの弁護士とも多くの議論を重ねた。

特許事務所の弁理士で侵害案件に絡むのは極僅かだそうなので、弊所は最も場数を踏んでいるかもしれない。

付記試験の資格取得と知識がめっちゃ役に立っている稀な事例というべきか。

付記資格のない弁理士は、侵害対応において一人前ではない。

これも経験と資格の両輪が必要だからな。

 

 

« 日の丸半導体メーカー・ラピダス | トップページ | 中国に支店を作りたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日の丸半導体メーカー・ラピダス | トップページ | 中国に支店を作りたい »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook