« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月28日 (水)

【欧州特許どのルートが得】UPC統一特許vs有効化手続

現在受任している欧州特許がEPOで特許になり、いよいよ有効化手続のタイミングに入りました。


従来なら、権利化したい国に対して有効化手続を行います。


それが2023年6月1日からUPC統一特許制度がスタートして、現時点でUPCに17か国が批准していることから、どちらのルートで特許にするか否かを悩む場面が出てきました。


UPC統一特許制度とは、
参加国に単一の効力を持つ特許権(Patent with Unitary Effect)を付与するEU規則(1215/2012と1257/2012)と、特許権侵害等に関する統一特許裁判所協定(Agreement on a Unified Patent Court)を柱とする、新しい欧州特許制度です。これまでのEPC(欧州特許条約)や欧州各国における個別の特許制度と併存します。


例えば、ドイツ、フランス、イタリアで権利化する場合、従来の有効化手続としてそれぞれドイツ、フランス、イタリアに別々に有効化手続を行うルートと、この三国がUPC批准国であるあることから、UPC単一特許として登録することを比較することになります。


UPCルートは、17か国(2023年6月時点)への権利化手続が一括で済むため、代理人手数料が安く済みますが、公的料金がとても高いのです。


欧州弁理士、日本弁理士及び公的料金の合計額をコストとして考えた場合、権利化したい国が4ヵ国以上ならUPCルートの方が安くなることが多いです。


特にドイツを選択する場合、ドイツへの有効化手続後の特許料維持に要する公的料金がとても高くつきます。


それを考えると、少なくともドイツを含む、ほかのEC加盟国2~3国以上で権利化する場合には、UPCルートの方がお得なのです。


ただし、ドイツ以外の公的料金の安い国だけで、しかもEC加盟国1~2か国で権利化する場合なら、UPCルートを外し、従来の有効化手続のルートの方がコストが低くなります。


具体的にどの国を選択するかによってコストシュミレーションが変わってくるので、手続の前に慎重に検討することが必要。


結局、弊所が代理している欧州案件は、UPCルートで統一特許を取得することになりました。


制度がスタートして間もない時期に、UPC統一特許の手続を自分で起案して進めることになりました。


勉強の日々ですが、ワクワクしています。


Blogtt18s_20230628094901


2023年6月26日 (月)

夕張メロン


北海道の夕張メロンを頂きました。

毎年、お中元の季節に頂くものです。

私はメロンが大好きで、とても感謝しています。

この場をお借りして、ありがとうございました。

メロンは実に多くの産地がありますが、やっぱり王者は、夕張メロン。

好みによるかもしれませんが、日本中の産地のメロンを食べてみて得た結果です。

一度、北海道の夕張に行ってみたいと思います。

北海道の富良野、函館、網走など興味のある土地が多いのです。

北海道の自然が果物や野菜に適していることがわかるはず。

それではまた。

Dsc_0398


2023年6月25日 (日)

ホテルニューオータニのランチ

午後は、義理のご両親や義兄とともに、赤坂見附にあるホテルニューオータニのランチに行ってきました。

私の外食は、コロナになってから初めてかもしれません。

このような超豪華なホテルでランチを頂くのも10年ぶりくらいです。

料理も高カロリーがわかるほど、私の身体が原始化していた。

ふだん、自宅であっさりした料理を食しているため、ホテルの料理は凄く美味しく感じられる。

和洋中の料理が用意されていて、アルコールやケーキやフルーツのデザートもある。

麺類もご飯ものもある。

全部は食べきれなかったけれど、2日分の食事を頂きました。

貧乏暇なしで仕事、手弁当やコンビニのパン。

私のような人間には、このようなホテルの食事は似合わないかもしれないが、良い思い出づくりができて良かったと思います。


Dsc_0394

Dsc_0392

Dsc_0384

Dsc_0383

2023年6月24日 (土)

大中スイカ

先日、滋賀から届いたスイカ🍉を切りました。

棚落ちがなく、果肉が詰まっています。

少し味見をしましたが、とても美味しい。

これから、冷蔵庫に入れて冷やします。

私の夏の思い出は、スイカとそうめん。

スイカを食べた後、カブトムシにあげていました。

そうめんは食欲のない夏休みの晩御飯でした。

子供の頃を思い出します。

あれから40年の歳月。

幸いにも、両親は健在です。

いろいろありましたが、元気に長生きして欲しいと願っています。

私も身体が元気なことが取柄で、今も仕事を頑張れています。

お客様から頼られている時が華だと思って、今後も精進する次第です。

Dsc_0379

2023年6月23日 (金)

条件悪すぎ?欧州特許の拒絶対応のオファー

昨日、面識のない新規のお客様(大きな中堅企業)から、応答期限まで3週間もない外国特許の拒絶対応の見積を依頼されました。

だけど、お断りしました。

案件は、欧州特許庁に対する拒絶対応の手続ですが、弊所では数十件の経験があります。

本願発明を読み込み、引用文献を読み込み、欧州の長い拒絶理由通知書を読み込み、手続補正書と意見書を作成しなければなりません。

おまけに英語に翻訳したうえで、お客様からのOKを貰って、現地代理人に依頼しなければならない。

いろいろな憶測が走ります。

そもそも欧州の期限は6ヵ月あるはずなのに、期限管理ができない依頼者なのか

→受任したら、やりとりに直ぐに回答しない人?

ほかの国、日本、米国、韓国への特許出願では、代理人弁理士がついているのに、なぜ欧州特許庁のみ、代理人がいないのか?

→誰もやりたがらない案件?

多くの弁理士に依頼したけど、断られている案件ではないのか?

→金払いが悪い又は汚い依頼人?

弊所は安売り事務所ではなく、相見積レースなら弊所が勝てる見込みがないのも事実。

人と資金に余力がある、どこかの大きな特許事務所が受任して適当に捌くのでしょうか。

Photo_20230623111501

滋賀のスイカ

私の故郷・滋賀県のスイカを頂きました。

子供の頃、小学校で一番好きな食べ物と聞かれ、『スイカ‼』と真っ先に応えていました。

滋賀は、果物がとても美味しい。

スイカ、モモ、巨峰が私のベスト3。

守山メロン・草津メロンも有名です。

滋賀は果物・野菜がとても美味しいこと、滋賀にいたときは知らなかった。

関東に来て滋賀の食べ物の旨さが際立つ。

関東なら、山梨、茨城、福島の果物や野菜が旨い。

やっぱり、綺麗な水が命なのは果物も同じ。

Dsc_0376

2023年6月22日 (木)

【全国で30件】商標価値評価鑑定の受任

新規のお客様から問い合わせ。

お客様の会社の商標が全国30件近く存在している。

M&Aで商標も譲渡するため、商標の価値評価をお願いしたいとのこと。

特許価値評価は、裁判所や民間からの依頼で何本もやってきたけど、商標の価値評価は、はじめての受任。

とはいえ、知財の価値評価の研究については、10年以上前から財務分析も含め、しっかり取り組んでいる。

日本及び外国の合計30件の商標価値評価の見積書を作成し、提出した。

良い返事が頂けたので、再度、商標の価値評価の実務をレビューして、着手することにした。

それにしても、ポンポン依頼してくれるお客様は大好きだ。

無駄・コスト意識の強いお客様よりも、こちらのやる気がマックスになり、良い仕事ができる。

Dsc_0377

2023年6月21日 (水)

日中学院への再入学


今年9月から日中学院へ再入学したいと考えている。

中国語会話の習得が目的。

中国企業からのオファーを受けた場合でも、中国語会話ができるとコミュが円滑になり、信頼関係を早期に築くことができる。

中国語の翻訳は、高精度の翻訳ソフトがある今では、用語や文法の知識があれば、機械翻訳文を訂正して対応できる。

でも、中国人との中国語の会話はとても難しい。

これは英語翻訳ができて、英語が喋れない日本人と同じ。

それまでに社労士試験の合格を決めるのみ。


Dsc_0044_20230621104501


Dsc_0045

2023年6月20日 (火)

中国知財研究~中国知財に強い日本の弁理士事務所になる!

日本から中国に特許出願を行う。

中国から日本に特許出願を行う。

パリルートを使い、特許審査ハイウエイを活用すれば半年以内に両国で特許査定になる。

世界広しといえど、今後、特許等の知的財産権は、中国、米国、欧州の主要三極のなかで、とりわけ、中国と米国が知財超大国に君臨しそうだ。

日本は第三位の知財強国。

韓国は第四位の知財強国。

欧州は第五位の知財強国。

と予想している。

弊所では中国知財を中心に、米国と欧州をはじめ、台湾、韓国、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピンに多くの特許出願を代理していくつもりである。

なかでも中国知財に強い特許事務所を目指しているため、日々の中国知財の研究には余念がない。

特に注力しているのは、特許明細書の中国語⇔日本語の翻訳文。

弊所では中国語翻訳の研究には特に力を入れている。時間がないときには現地代理人に委任するが、基本的には自力で翻訳する。

現在、日本の特許庁に出願するための食品製造機械の特許明細書を起案しているが、それが終われば、下記の書に基づき、中国語の翻訳を研究する予定である。

中国語の会話は日中学院で学んだ。

社労士試験が終わる9月から日中学院に再入学して中国語をペラペラにしたい。

韓国語も同様である。

日本の弁理士であっても、英語・中国語・韓国語くらいは流暢に扱いたいものである。

Dsc_0373

2023年6月19日 (月)

中国特許出願の進歩性の基準が高くなっている

最近、中国の現地代理人に特許出願原稿を送り、その現地代理人から中国だけに特許出願するスタイルが激増しています。

この場合、発明者が日本人というケースが多くあり、私が日本人技術者と打ち合わせや協議を重ね、特許明細書を起案しているのです。

日本から中国にPCT移行した特許出願なら、審査ハイウェイを利用しなくても、特許査定になる確率は高いのですが、いきなり中国に現地から国内出願すると、途端に特許性のハードルが高くなる現象がみとれます。

中国の技術水準が高くなり、様々な戦略を含め、特許性のハードルを上げているのでしょうか。

ちなみに日本と中国の特許のハードルを考えると、現在では中国の方が特許にするのが難しいと思います。

そのようなときは、先ず、日本国で特許査定にしてから、中国に特許審査ハイウェイを利用した特許出願を行うことをご提案しています。

日本の方が特許になり易いのなら、こちらを第一国に出願した方が中国での特許率が上がるからです。

でも中国国内の発明は中国に第一国出願するという決まりもあるので、発明場所や事業取引契約等からうまく対応していく必要があります。

勉強の日々です。

Dsc_0370

京王線グッズ


私は幼少の頃からの電車好き。

京王線には20年近くお世話になっているので、車両模型を衝動買いしてしまった。

同時に、『火薬庫前』という物騒な駅名のキーホルダーも購入。

火薬庫前駅は、いまの明大前駅のルーツです。


Dsc_0367


Dsc_0369

2023年6月18日 (日)

完全オフ

今日は完全オフの日。

10時間くらい眠りました。

5キロのマラソン後、社労士試験の勉強に集中したい。

と思ったら、午後5時から髪切りに行く予定になりました。

いままで髪切る時間が無かったのです。

今日は、資格の大原、択一式直前演習・社会保険編 第3回。

社会保険編の第1~2回は正答率80%前後でした。

社会保険は得意にしたい分野です。

弁理士×社労士になって、知財と労務の視点から中小企業経営力を向上するためのメソッド(理論)を確立します。

今日も一日頑張ります。

Dsc_0366


2023年6月17日 (土)

1日1件特許明細書


機械系の特許明細書は1日1件で完成させる。

これが独立弁理士の標準的な速度。

これ以上の時間をかけると、逆に明細書の質が低下する。

今日も一件の明細書を仕上げる。

集中力が大事。


Dsc_0269_20230617101201


2023年6月16日 (金)

シャロ勉強~弁理士×社労士の巻

今日から択一式演習の社会保険編第1回。

早起きして、
資格の大原のweb配信は明日ですが、先に問題演習を始めました。

健康保険法のスコア 18/21
国民年金法のスコア 4/4

まだまだ基礎の確認です。

弁理士×社労士。

ベンチャー企業の知財と労務のエキスパートとして、多くの中小企業の経営を支援したい。


353640607_225430637001429_13397807298062

2023年6月15日 (木)

ある体験談~知財戦略はフランチャイズビジネスにとって生命線~

ある経営者からの御相談。

弁理士の守秘義務があるので、事例を丸めて共有したい。

某ベンチャー企業があり、そこは製品を利用したサロンを全国にフランチャイズ展開している。

この企業の特徴は、製品に関して、特許権と意匠権で漏れのないように権利化を行い、ブランド名は商標権で保護している。

模倣者が当該製品の機能を出そうとすると、設計上必然的に、この企業が所有する何らかの権利に抵触するという完璧な知財戦略を実現している。

小さな企業であるものの、知的財産権の数は日本国で数十以上に上り、世界の主要国でも多くの特許権や商標権(いわゆる国際特許や国際商標)を取得している。

このベンチャー企業の賢い所は、製品を販売せずに、レンタルで貸し出している点。

フランチャイズ会員に製品をレンタルして、ライセンス料を徴収するビジネスなのだ。

製品を販売していないため、知財の権利が消尽しない。

この事業はかなり利益率の高い事業であり、参入者は独自に製品を開発設計すると、たちまち知財の権利を侵害するとの警告書が内容証明郵便で届く。

参入者は、仕方なく、フランチャイズ会員になるしかない。

この事例では、全国にフランチャイズ展開するベンチャー企業の知財戦略が素晴らしく、脱帽する一方で、この企業から知財の権利行使を受けないための対策として、何ができるのかを検討することが重要である。

知財に詳しく、ビジネスに詳しく、技術に詳しくなければ、対応できない事案であり、弁理士にもこの対応力が求められる。

Wallpaperrobotillustration01_20230615172001

2023年6月12日 (月)

雨の月曜日、ノルマで多忙。

月曜日の東京は、雨。

見事なまでの梅雨空。

今日は2件の特許明細書の修正案を納品。

発明発掘で2件の提案書を納品。

新規特許明細書の起案に着手。

クライアントの3つの事業に関する知財戦略にも着手する。

クライアントの工場に出張して生産技術に関する発明発掘に出掛ける計画も立てなきゃ。

梅雨ですが、私のハートは今日も熱い。


下の写真は、弊所から新宿駅新南口方面を望む。

Dsc_0352

2023年6月 9日 (金)

発明者とZOOM会議


午後から発明者とZOOM会議を行います。

発明者は現在、シンガポールに在住。

一年の1/3はシンガポールで過ごしているとのこと。

これまで複数の特許出願の原稿を納品している件で、特許原稿に関する読み合わせ。

有難いな。

発明王から多くを学び、そして知識を盗み取る。

それを次の発明発掘に活かす。

発明をTTPS「徹底的にパクって進化させる」して、発明者に返すのが私の弁理士としての役目。


1_20230609102801


2023年6月 8日 (木)

社労士試験勉強の進捗


社労士試験の勉強の進捗は?

まぁ、あまり進んでいません(笑)

一日少しだけ勉強しているのですが、牛歩の如く遅々として進まないこと。

それで資格の大原からは、択一式演習課題が無慈悲に送られてきた。

労働基準法は半年ぶりかな。

どんな設問が出ていたのかすらも、忘れてしもうた。

精神に響くなぁ。

Dsc_0353


2023年6月 7日 (水)

訴訟に入る前に外国への準備

知財関連の訴訟に入る前に、外国へ出張に行きたい。

国内工場への出張、特許庁の中間案件や特許出願の手持ち案件が減らない。

少しの間、zoomに切り替えて凌ぐか検討中。

外国出張の目的も本社の経営者と面談・工場見学なので、現地に行かないと何も始まらない。

ものづくり企業の海外へのシフト調整に備えて、私の出張先も外国になるわけだ。

コロナ禍対策として、マスクも大量に準備した。

それまでに日本の特許庁手続をすべて終わらせておきたい。

同時に知財戦略として関与している案件に力を入れながら、毎日1件の発明を発掘していく。


108068915_p1_master1200

2023年6月 6日 (火)

工場に出張予定


顧問先の工場へ出張予定が入った。

コロナ禍明けて、元に戻りつつあるね。

出張の合間に明細書や意見書などを起案して、また出張の繰り返し。

どんどん予定が入る弁理士相談やお問い合わせに対応しながらも、見積書を作成して一日が終わるときもザラ。

そのような目まぐるしい状況で、精一杯走ると売上が勝手についてくる。

今後も顧問活動を多くして、日本全国だけでなく、中国や東南アジアにも進出したい。

一人事務所の近江商人を名乗ってやる!

Dsc_0011_20230606114501

2023年6月 5日 (月)

商標不服審判の審尋に対する意見書

今週の前半、商標不服審判の審尋に対する意見書の期限日。

なかなか厄介な案件ですが、血が騒ぎます。

出願人曰く、ダメでも審決取消訴訟に上げたい、商売している以上は負けらけないと。

複数件あるので、早めに起案完成させます。

同時にスタートアップ企業の特許出願の起案も継続しつつ、ベンチャー企業の新たな知財戦略の計画も策定します。

今日もハードな一日。

頑張ります。

 

【追伸】

6kmマラソン、30分で完走しました。

これまではスロージョギングで慣らしながら心肺機能をあげていましたが、マラソン途中に30mダッシュを複数取り入れた結果です。

今後は、強度も上げていきます。

 

102793168_p0_master1200

 

 

2023年6月 4日 (日)

【モンブラン】ローラーボール

10年近く前に購入した、モンブランのローラーボール。

私は書家でもあるので、書くための道具、万年筆、シャープペン、ボールペンなどに惹かれます。

写真は、ローラーボールです。

書き味抜群。

燃費(インクがすぐに無くなり、おまけに高価)が悪いのが、たまにキズ。

こういうのを買うと、さらにまた勉学に気合が入る。

Dsc_0350

2023年6月 3日 (土)

土曜日も仕事

今日は土曜日。

これから事務所に出て仕事です。

半導体製造装置の特許案件を起案のうえ、商標不服審判の審尋に対する対応を検討する予定。

ここ1年で代理した半導体製造装置の特許は、特許査定率100%。

これが実現できたのは、良い発明だからであり、発明者の技術力が素晴らしいことに尽きる。

弊所で発明発掘し、クライアントに提案した特許も、100%の特許査定率。

技術を知り尽くし、特許庁の審査基準を知り尽くした鉄人技。

おそらく出願タイミングが少しでもズレていたら、特許査定に至らなかったケースもありそうだ。

今日も早期に出願して特許査定を勝ち取るべく、特許明細書に奮闘💦


★写真の書籍
ベンチャー企業の経営・知財を支援しているため、この書を入手。知財・技術の知識だけでは、効果的で最も優れた経営支援ができないことを悟る。士業はゼネラリストとして期待されており、そのために幅広い知識と鋭い先読み力が必要になる。この先読み力。日頃から市場やビジネスを研究することで養う。

Dsc_0339

2023年6月 1日 (木)

6月1日

今日から6月です。

仕事も膨大に抱えており、資格の大原から送られる社労士試験のテキストも積読の状態になりつつあります。

やはり仕事第一なので、社労士試験の勉強は後回し。

現在、一日一件のペースで特許やら実用新案を完成させています。

特許の係争も進行していて、
複数の商標の審尋に対する意見書期限もありますが、審尋の内容が良くないので、審決取消訴訟に係属することになるでしょう。

その一方で、知財戦略、発明発掘、先行技術調査も並行して行います。

今日も一日頑張ります。

すべてを親愛なるクライアント様のために捧げます。

★写真は弊所イメージ
東京・新宿2丁目にひっそり佇む、経営者・起業家の知財駆け込み寺。

108068915_p12_master1200

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook