無料ブログはココログ

« 中国特許出願の進歩性の基準が高くなっている | トップページ | 日中学院への再入学 »

2023年6月20日 (火)

中国知財研究~中国知財に強い日本の弁理士事務所になる!

日本から中国に特許出願を行う。

中国から日本に特許出願を行う。

パリルートを使い、特許審査ハイウエイを活用すれば半年以内に両国で特許査定になる。

世界広しといえど、今後、特許等の知的財産権は、中国、米国、欧州の主要三極のなかで、とりわけ、中国と米国が知財超大国に君臨しそうだ。

日本は第三位の知財強国。

韓国は第四位の知財強国。

欧州は第五位の知財強国。

と予想している。

弊所では中国知財を中心に、米国と欧州をはじめ、台湾、韓国、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピンに多くの特許出願を代理していくつもりである。

なかでも中国知財に強い特許事務所を目指しているため、日々の中国知財の研究には余念がない。

特に注力しているのは、特許明細書の中国語⇔日本語の翻訳文。

弊所では中国語翻訳の研究には特に力を入れている。時間がないときには現地代理人に委任するが、基本的には自力で翻訳する。

現在、日本の特許庁に出願するための食品製造機械の特許明細書を起案しているが、それが終われば、下記の書に基づき、中国語の翻訳を研究する予定である。

中国語の会話は日中学院で学んだ。

社労士試験が終わる9月から日中学院に再入学して中国語をペラペラにしたい。

韓国語も同様である。

日本の弁理士であっても、英語・中国語・韓国語くらいは流暢に扱いたいものである。

Dsc_0373

« 中国特許出願の進歩性の基準が高くなっている | トップページ | 日中学院への再入学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国特許出願の進歩性の基準が高くなっている | トップページ | 日中学院への再入学 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook