無料ブログはココログ

« 滋賀のスイカ | トップページ | 大中スイカ »

2023年6月23日 (金)

条件悪すぎ?欧州特許の拒絶対応のオファー

昨日、面識のない新規のお客様(大きな中堅企業)から、応答期限まで3週間もない外国特許の拒絶対応の見積を依頼されました。

だけど、お断りしました。

案件は、欧州特許庁に対する拒絶対応の手続ですが、弊所では数十件の経験があります。

本願発明を読み込み、引用文献を読み込み、欧州の長い拒絶理由通知書を読み込み、手続補正書と意見書を作成しなければなりません。

おまけに英語に翻訳したうえで、お客様からのOKを貰って、現地代理人に依頼しなければならない。

いろいろな憶測が走ります。

そもそも欧州の期限は6ヵ月あるはずなのに、期限管理ができない依頼者なのか

→受任したら、やりとりに直ぐに回答しない人?

ほかの国、日本、米国、韓国への特許出願では、代理人弁理士がついているのに、なぜ欧州特許庁のみ、代理人がいないのか?

→誰もやりたがらない案件?

多くの弁理士に依頼したけど、断られている案件ではないのか?

→金払いが悪い又は汚い依頼人?

弊所は安売り事務所ではなく、相見積レースなら弊所が勝てる見込みがないのも事実。

人と資金に余力がある、どこかの大きな特許事務所が受任して適当に捌くのでしょうか。

Photo_20230623111501

« 滋賀のスイカ | トップページ | 大中スイカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 滋賀のスイカ | トップページ | 大中スイカ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook