無料ブログはココログ

« 人と会うのは億の価値~士業なら1人年商1億円をめざせ! | トップページ | 新宿二丁目の老舗特許事務所 »

2024年2月 6日 (火)

弁理士としての輝き方

弁理士として新しい関与。

 

昨年からベンチャー企業のIPO実務を体験できる貴重な機会を頂きました。

私は知財と財務のパートです。

 

最初、このお話をうけたとき、どのような関与方法(例えば顧問、コンサル?)で、どのような報酬体系を選択するのかがとても難しかった。

最初は顧問報酬で業務を遂行していましたが、多くの事例を研究していくと、株をもたせてもらったり、ストックオプションで参画する方法等があることもわかりました。

 

IPOなら株の一部を握らせてもせう方法がベストです。

上場して化ける可能性があるし、結局、報酬がお金なら、お金をもらって終わりですから。

 

何も昔のホリエモンを狙っているわけではありません。

弁理士その他士業の稼ぎ方として知財実務その他手続だげではないのです。

 

財務に強くなれば、引き抜きが来ます。

そのとき関与のマネジメントは、良く考えて自分で決めるしかない。

 

Dsc_0011_20240206092101

 

« 人と会うのは億の価値~士業なら1人年商1億円をめざせ! | トップページ | 新宿二丁目の老舗特許事務所 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人と会うのは億の価値~士業なら1人年商1億円をめざせ! | トップページ | 新宿二丁目の老舗特許事務所 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook