無料ブログはココログ

« 多摩地区の丘陵地10kmを完走 | トップページ | 【人生100年時代】いち弁理士からマルチタレント計画 »

2024年3月10日 (日)

特許侵害係争で相手方弁護士が辞任


昨年から継続していた特許侵害係争の事例。

私は被告側代理人。

侵害論については相手方(特許権者側)弁護士と書面でやりとりして、時には相手方弁護士から恫喝めいた電話を受けましたが、この度、相手方弁護士から辞任通知を受けました。

この時点でこちらの勝利が濃厚になりました。

本件特許事例では、私の侵害訴訟の経験上、侵害に該当しないという結論になっていたと思います。

特許侵害訴訟で特許発明の技術的範囲に属するとの裁判所判断を勝ち取ることは容易くない。

しかも論点になっており、訴訟期間は3年コースの事例。

私が原告側代理人なら受けなかった事例。

私が原告側代理人として侵害訴訟を提起すれば、1年後に依頼人と喧嘩していた事例。

このようなイメージを想起させる事例でした。

相手方弁護士の辞任判断を尊重します。


Dsc_0881_20240310105801

« 多摩地区の丘陵地10kmを完走 | トップページ | 【人生100年時代】いち弁理士からマルチタレント計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩地区の丘陵地10kmを完走 | トップページ | 【人生100年時代】いち弁理士からマルチタレント計画 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook