無料ブログはココログ

« 4月後半以降は時間ができ、新しい挑戦が始まる | トップページ | 商標拒絶審決の取消訴訟で勝訴して »

2024年4月18日 (木)

特許の判定請求書を提出

2件の特許の判定請求書を作成しました。

書類を綺麗に仕上げるのが弊所の特長です。

今日は特許庁に出頭して、2件の判定請求書を提出します。

正本1、副本2、委任状1です。

訴状に準じて作成すれば十分です。

イ号が特許発明の技術的範囲に属するか否かについて、第三者である特許庁の見解をとるためです。

今回は特許権者側の代理人。

技術的範囲の属否は、双方の独自の見解であり、平行線になることも少なくありません。

判定も特許庁の見解に過ぎませんが、一応、専門の行政機関の公式見解として当事者間の交渉のほか裁判所に提出する資料としても、使えるものです。

判定請求は少ないですが、当事者間で交渉がまとまらない事例では、極めて優秀なツールになるので、弊所ではおススメしています。

判定請求の見解として、「技術的範囲に属する」と「技術的範囲に属しない」のどちらかを求めることができます。

イ号側の当事者であっても、「技術的範囲に属しない」見解を求めるものとして有効だと思います。


Glxik7hamaa1gqd


« 4月後半以降は時間ができ、新しい挑戦が始まる | トップページ | 商標拒絶審決の取消訴訟で勝訴して »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月後半以降は時間ができ、新しい挑戦が始まる | トップページ | 商標拒絶審決の取消訴訟で勝訴して »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook