無料ブログはココログ

« 特許侵害訴訟で証書の準備が大変 | トップページ | 特許無効審判を受任 »

2024年5月15日 (水)

【闘う弁理士】特許侵害訴訟の書面、準備完了‼

特許侵害で訴えられている側の補佐人弁理士です。

今回は依頼人の希望により、弁護士無しの補佐人弁理士付き本人訴訟で臨みます。

相手方から、仮処分申立てがされています。

仮処分の場合、原告は債権者、被告は債務者と名称が変更されます。

私は債務者補佐人弁理士です。弁理士法5条に基づき裁判所の許可なく、補佐人選任が可能です。

裁判書面の送達場所も弊所指定で問題ありません。

仮処分申立て事件の書面は、民事訴訟規則によりませんが、準拠します。

例えば、答弁書に替えて、主張書面(1)として、申立ての趣旨に対する答弁、申立ての理由に対する認否及び反論をしていきます。

証拠方法は、疎明(疎甲〇、疎乙〇)で足りるとされていますが、本案訴訟と同様に証拠方法として、乙〇号証(甲〇号証)を作成します。

正本1、副本(相手方の数、例えば1)、写し4、そして事務所控えを準備。

主張書面、証拠説明書、各書証を1セットとして、合計7部(依頼人が紙納品を希望する場合には、合計8部)を刷ります。

副本は相手方に直送します。

部数の準備がなかなか大変であり、証拠は事件の性質上、カラー写真が多くなりましたので、印刷料金もバカになりません。

弊所でもコピー用紙の束がどんどんなくなりました。

丸1日かけて書面の7部を準備します。

こんな感じで出来たのがこの書面。

背が一段と高い山は証書(証拠)です。

裁判所と相手方には既に郵送しました。


Gnip_9laqaazmgz


« 特許侵害訴訟で証書の準備が大変 | トップページ | 特許無効審判を受任 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特許侵害訴訟で証書の準備が大変 | トップページ | 特許無効審判を受任 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

西村知浩の特許事務所

西村知浩のTwitter

西村知浩のInstagram

西村知浩のFacebook