2022年6月 6日 (月)

【目指せ!社労士試験合格】土日で健康保険法を制覇

 

土日は、仕事から離れ、社労士試験の勉強に充てることができました。

 

合計20時間以上は勉強できたと思います。

 

健康保険法の科目を徹底して学習。

 

健康保険法は社会保険の枠組みでもあるため、これが理解できなければ厚生年金法も理解できません。

 

資格の大原のテキストを精読し、問題演習を繰り返しました。

 

試験日まで3ヵ月を切りました。

 

焦ることはありませんが、やるべきことはしっかりやります。

 

 

社労士試験や弁理士試験に挑戦している方、他の資格の勉強をしている方、頑張って下さい!

2021年11月28日 (日)

日曜日は終日勉強

日曜日は終日勉強です。

 

本日中にやること。

  • 社労士試験勉強⇒資格の大原の講義受講、問題集、LECの過去問集、TACの過去問集
  • 英語⇒基本英文700選の10文暗記、NCCテキスト例文の30英文暗記、10単文・単語暗記、文法・リスニング学習
  • 中国語⇒日中学院の教科書の復習

 

語学の目下のゴール

英語は英検準1級・TOEIC900OVER

中国語は中検3級

 

ミラクル全開パワーで頑張ります!

2021年11月 3日 (水)

第53回(令和3年度)社会保険労務士試験 成績通知書

 

今年の8月に受験した社労士試験の成績通知書を受領しました。

 

当試験は選択式と択一式で構成され、それぞれの合格基準点及び足切り点が設定されています。

 

すべてクリアした者が必然的に上位6~7%以内に入ることになります。

 

私のスコアは、選択式22点、択一式47点でした。

 

結果は、択一式は合格点を超えましたが、

選択式で社一と健康保険法で足切り点になり、選択式の合計点は合格基準点に2点足らず。

 

悔しいですが、模試から自分の実力も合格点のボーダー域と認識していたので、来年は実力をさらにつけて必勝を誓います。

 

Dsc_1515_20211103094401

 

 

 

2021年9月 6日 (月)

【2022年社労士試験】資格の大原で社労士経験者コースを申し込む!


2022年の社労士試験に向けて、資格の大原で、講座を申し込みました。

2年目なので、経験者コースです。

他の受験生は、合格発表後の11月から本格始動すると思いますが、この9月から11月までの2か月間で折角覚えた知識が忘却の彼方になってしまいます。

このため、9月から受験対策をフルで再開したいと思います。

ただし、選択式の労一・社一の課題が残ります。

ガチャ試験に対応するため、白書や市販の書籍にも目をとおします。

ゴールはもうすぐです。

2021年9月 1日 (水)

令和3年度 社労士試験自己採点の結果


9月に入るので、今年受験した社労士試験の自己採点を行いました。

自己採点は、大原とLECの模範解答をベースにしたものです。

その結果、

・選択式…22点(合格基準予想23~25点)

・択一式…47点(合格基準予想44~46点)

(初受験の令和2年度の試験:選択式24点、択一式34点)

択一式は大原のお蔭で見事に合格点になりました。

択一の足切りもありません。

ただし、選択式で2点程度足りません。

救済の可能性がゼロではありませんが、時間が勿体ないので、9月から来年の試験に向けて準備して参ります。

現在の社労士試験は、昔の試験と異なり、司法書士試験のレベルだと感じます。

弁理士試験の択一試験よりも遥かに難しい。

法域が膨大であり、重箱の隅をつくような問題も出される。

思考力というよりも、知識の広さと深さが要求される試験のようです。

あと少しです。

今年も大原で、上級コースを受講して頑張ります。

2021年8月22日 (日)

本日社労士試験、いざ出陣!


8月22日(日)午前5時37分。

本日は、決戦の日。

1年間、頑張ってきた成果を試す日です。

社労士試験は一日で終わる試験。

最初から界王拳全開で集中力を高め、戦います。

直前期は死ぬほど勉強したんで悔いはない。

これから決戦の地へ向かいます。

2021年8月18日 (水)

8月は各種国家試練のオンパレード

8月は、難関系の国家試験が実施されます。

公認会計士、税理士、社労士、弁理士論文試験。

コロナ禍ですが、万全の対策で臨んで頂ければ幸いです。

先ずは体調を整えましょう。

2021年8月12日 (木)

【社労士試験】労働経済・厚生労働白書を丸暗記中


社労士試験にも労働一般に白書のデータ問題が出題される。

中小企業診断士試験における中小企業白書から出題されるようなもの。

労働一般の選択式で出題されると予想しているが、5点満点中の2点以下になれば足切りです。

昨日と今日は、白書の膨大なデータを丸暗記します。

8月に入りずっと界王拳3倍のペースなので、多少、身体にガタがきていますが、踏ん張ります。

身体よ、持ってくれ!!

2021年7月26日 (月)

【目指せ!社労士試験】大原 第1回全国統一公開模試の結果

 

先日、受験した大原の第1回全国公開模擬試験の結果が返ってきました。

 

 

選択式 31/40 Bランク   順位566  上位19.2%  受験者数3058。
択一式 50/70 Aランク 順位311    上位10.2%  受験者数3055。

 

総合評価 Bランク 順位361  上位11.8% 受験者数3059。

 

 

Bランクというのが気になりますが、残り1か月弱。

 

これからは手を広げず、今までの復習とテキストの暗記を徹底し、手堅い戦略を立てたいと思います。

 

頑張ります!(^^)!

 

 

1

2021年7月17日 (土)

【目指せ!社労士試験合格】決戦を前にして

いよいよ8月に社労士試験が迫ってきました。

社労士試験の足音が聞こえます。

一年間、大原で勉強させて頂き、自分なりに頑張って参りました。

昨年の今頃とは比較にならないくらいの実力だと思います。

初受験となる昨年の本試験では大敗しましたが、今年はなんとかボーダー当たりに食い込めれば上出来です。

社労士試験合格者の受験回数のボリュームゾーンは、3~5回くらい。

ちなみに、私が合格した旧弁理士試験(平成13年度)は、5~6回でした。

新制度の弁理士試験のそれは3~4回です。

そうすると、現在の社労士試験の難易度は、新制度の弁理士試験と同じか少し難であることがわかります。

社労士試験の難易度は、行政書士試験や中小企業診断士試験と比較されることが多いが、実際はこれらの試験よりも遥かに難易度が高く、司法書士や弁理士の難易度と同列ということです。

白書から出題される選択式は運要素が大きく、社労士独特の難しさがあるのですが、残りの時間を大切にしていきます。

7月末で界王拳を一旦やめ、本試験まで調整していきます。

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

西村知浩の特許事務所

無料ブログはココログ